シミ(しみ) ハイドロキノン

ハイドロキノンでシミはどこまで薄くなる?

 

軟膏の画像

 

年齢と共に目立つようになってきた顔のシミ、何とかしようと化粧品やサプリメントを試してみてもあまり効果がない。

 

そこで皮膚科ならどうかと皮膚科での治療について調べてみると、ハイドロキノンと言うのが処方されるとのこと。

 

ハイドロキノンについて調べてみると、市販品もあるけど皮膚科のものより濃度が低いみたいです。

 

ハイドロキノンでシミは薄くなるのか?濃度は関係あるのか?など、詳しく調べてみることにしました。

 

ハイドロキノンとは?

 

ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニンが作られるのを抑えるほか、メラニンの細胞をも減らす作用があり「肌の漂白剤」とも言われる成分のことです。

 

皮膚科では古くからハイドロキノンを配合したクリームがシミの治療に使われているそうですが、シミ以外の部分に塗ってしまうと肌が白く色が抜けてしまう「白斑(はくはん)」と言う副作用も報告されています。

 

皮膚科で処方されるのは、それだけ濃度が濃く、シミに対して即効性はありますが、肌に合わない人もいるし注意点も少し多いかもしれません。

 

シミに対してどうしても何とかしたい!でもレーザー治療はちょっと…と言う方には、ハイドロキノンは試してみる価値がありそうです。

 

シミに塗るハイドロキノンの濃度

 

皮膚科で処方されるハイドロキノンは、市販品に比べて濃度が高いと聞いたので、濃度は関係あるのか?と思って詳しく調べてみました。

 

皮膚科で処方されるハイドロキノンは、4%以下の濃度らしいのですが(5%以上と言う所もあるようですが、危険性が高いのでほとんど処方されないようです)、妊娠中の方や授乳中の方には使えないほど強力なクリームを処方されることが多いようです。

 

因みに、保険は使えないらしくクリーム一個で2,000円前後と言うのが相場らしいです。

 

市販品は1%未満〜4%(探せば5%も)と幅があり、価格も3,000円〜15,000円ぐらいとやはり幅があります。

 

濃度が薄いほど低刺激で濃度が濃いほど作用が強力と言うことで、濃度は関係ありました。

 

できることなら皮膚科やクリニックを受診して、医師の管理の元で治療するのが良いと思います。

 

ハイドロキノンの使い方と注意点

 

色々な文献を調べていると、ハイドロキノンの使い方から取り扱いまではかなり注意が必要な印象を受けましたので、ご紹介します。

 

皮膚科などで治療するならば必ず医師の説明通りに使いましょう。

 

市販品の場合も、しっかり使用法と用量を守って下さいね。

 

市販品は、顔全体に使うタイプと、ポイント使いのみタイプとあるので確認して使って下さい。

 

ハイドロキノンと言うのは不安定で傷みやすいそうなので、冷蔵庫で保管したり使用期限を過ぎた物は捨てるなど、管理もキッチリと。

 

また、ハイドロキノンは紫外線にあたるとシミを濃くするので、家にいても日中の紫外線対策はしつこいぐらいにするのが良いそうです。

 

そして、長期連用せずにシミが薄くなったら使用を止めましょう、肌が弱くなってしまいます。

 

普通の美白スキンケアやサプリメントよりは即効性があると言われていますが、商品によっては2日に1回の塗布などと定められていて、結局1ヶ月以上掛かる場合もあります。

 

早く消したいからと用法を無視するのだけは絶対にやめて下さいね!

 

肌に負担をかけずにシミを薄くするなら

 

ハイドロキノンは、シミに効果が出てくると皮がペリペリ剥けたり肌が赤くなったり化粧水が染みたり…そこを乗り越えてシミが消える!と言うものです。

 

が、しかし残念なことに、皮膚科で処方される薬だと言っても合わない人には肌が荒れるだけ…と言う事もあるそうです。

 

ちょっとリスクの高い薬品とも言えるので、肌に負担をかけずにシミ対策をしたいと言う方には美白スキンケア化粧品が良いと思います。

 

オススメは肌のターンオーバーを促してシミを薄くすると言うオールインワンジェルのシミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)です。

 

主な成分は美容成分と自然由来成分なので、敏感肌の人でも試しやすいのも魅力です。

 

シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の使い方は、オールインワンなので朝は洗顔後に使えば化粧水〜化粧下地まで担うので時短になり、夜はマッサージに使うことで顔のコリをほぐしてターンオーバーを促し、リフトケアもできてしまう優れものです。

 

公式サイトからの購入であれば20%OFFで購入でき、30日間の返品保証もついてきますので、興味のある人は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

>>シミウス(ホワイトニングリフトケアジェル)の公式サイトはこちら

 

 

 

関連ページ

酒粕の美白効果はシミにも効く?
日本酒を作る過程で出来る酒粕には美白効果があると注目されています。シミにはどうでしょうか?酒粕の美白効果がシミにも有効なのか調べてみました!
椿油がシミを予防する?
美しい髪になるというシャンプーで有名な椿油にもシミを予防する効果があるってご存知ですか?椿油のシミを予防する効果を紹介します!
人気のシミ対策の市販薬にはどんな成分が使われているの?
シミ対策の市販薬は沢山あります。使われている成分に違いはあるのでしょうか。人気のシミ対策市販薬にはどんな成分が使われているのか調べてみました!
プロポリスがシミに効くって本当?
高い美容効果のプロポリス。美容効果の中にはシミに対する効果もあるのでしょうか?プロポリスがシミにも有効なのか調べてみました!
「ステロイドを使うとシミになる」は嘘?
湿疹など皮膚の炎症を鎮めるために使うステロイド。使うとシミが出来てしまうという噂がありました。ステロイドを塗るとシミが出来てしまうのかの噂を検証します!
シミを予防できる食べ物は?
シミ対策のクリームや市販薬を良く見かけます。でも薬や化粧品に頼らずに食べ物で予防出来れば楽ですよね?シミを予防するにはどんな食べ物を摂れば良いのでしょうか?
シミの改善にもっとも有効なのは?
気が付いたら出来てしまったシミ。改善するには手間と時間がかかりそうです。出来るだけ効率良くシミを改善する方法とは何なのでしょうか?
肌からシミを追い出す「ターンオーバー」
シミを予防するにも改善させるにも重要なのが肌のターンオーバーです。ターンオーバーを促進させてシミの元を肌から追い出しましょう!
シミに効くと言う アルガンオイルとは?使い方は?
シミに効果的と言われるものを片っ端から調べていたら、アルガンオイルと言うのを見つけました。アルガンオイルとは?シミに本当に効く?使い方は?などを調べました。