シミ(しみ) L-システイン

シミに効果あり?実はスゴイ?L-システイン

 

錠剤の画像

 

最近は健康ブームであること、インターネットの発達で情報が溢れていることなどから、「〇〇には××が良い」と言うことを良く聞きますが、詳しくはわからないまま、とりあえず手をつけて長続きしない…なんて事ないですか?

 

今回は「シミには××が良い」と言うのを調べていて、L-システインと言う成分に着目しました。

 

L-システインとはどのような成分なのか?シミに効果はあるのか?詳しく調べてみました。

 

併せて美白に効果的と言われる成分も少しですがご紹介しています。

 

L-システインとは?シミに効果ある?

 

たまに耳にするL-システインとは、どのようなものなのでしょうか?

 

L-システインとは、健康な肌を維持するために大切な必須アミノ酸(体の中では十分な量を作れないので、積極的に摂取すべき営養)の1つなのだそうです。

 

肌や髪などに多く、新陳代謝を活発にして免疫機能の向上にも効果があるのだそう。

 

シミに対してはどう効果があるのかと言うと、シミなどの原因であるメラニン色素が作られ過ぎるのを抑えたり、肌のターンオーバーを促進してメラニンを外へ押し出す効果の他に、濃い色のシミやニキビ跡の色素沈着の色を薄くする効果も期待できると言われています。

 

これらの効果から、医薬品・医薬部外品、サプリメントに使われているようです。

 

シミを消すには栄養素も大事と言う事なのですね。

 

L-システインを摂取するには?

 

栄養素なので、普段の食事から摂取するのが望ましいです。

 

ちなみに、L-システインはビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果が生まれるらしく、ブロッコリーは最適な食材なのだとか…ブロッコリーを毎日食べて美肌になったと言う人もいます。

 

サプリメントであれば手軽に摂取できますが、一日最大でも250mgにおさえないと副作用(白髪や嘔吐感など)が出ると言う文献もありました。

 

化粧品を選ぶならば、L-システインはニキビにも効果的とされているので、どちらかと言えばニキビケア化粧品の方がL-システイン配合のものが多いかも知れません。

 

美白にこだわるのか、L-システインにこだわるのかで化粧品を選ぶと良いと思います。

 

シミに効く成分アレコレ

 

L-システイン以外に、シミに効く成分とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

化粧品選びの際の参考にしてみて下さいね!

 

リン酸型ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はすごく有名だと思いますが、何が違うかと言うと、浸透力です。

 

実はビタミンC誘導体は美白パワーはあるものの浸透していく力が弱いので、効果が出るのも遅いと言う欠点がありますが、リン酸型になることで浸透力が格段にアップしているそうです。

 

また、この成分は日焼けによるシミの予防もできると言われています。

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤と言われ、その効果は絶大ですが取り扱いが難しいので、最近は濃度が薄い化粧品も売られています。

 

皮膚科やクリニックなどのシミ治療に使われています。

 

プラセンタエキス

これはアンチエイジングで使われることが多いのですが、美白スキンケアでも多く使われています。

 

シミに対する効果はメラニンの過剰生成によるシミを防いだり、日焼けによるシミを予防するのだそう。

 

厚生労働省から認可された成分なので安心して使えます。

 

ほんの一部でしたが、主な美白成分をご紹介しました。

 

化粧品は沢山ありますが、効果がないと言ってすぐに化粧品を替えてしまうのは逆に肌を傷めてしまいます。

 

レーザー治療ではない限り、シミは時間が掛かると思って気長にケアすることが大事ですよ。

 

 

 

関連ページ

酒粕の美白効果はシミにも効く?
日本酒を作る過程で出来る酒粕には美白効果があると注目されています。シミにはどうでしょうか?酒粕の美白効果がシミにも有効なのか調べてみました!
椿油がシミを予防する?
美しい髪になるというシャンプーで有名な椿油にもシミを予防する効果があるってご存知ですか?椿油のシミを予防する効果を紹介します!
人気のシミ対策の市販薬にはどんな成分が使われているの?
シミ対策の市販薬は沢山あります。使われている成分に違いはあるのでしょうか。人気のシミ対策市販薬にはどんな成分が使われているのか調べてみました!
プロポリスがシミに効くって本当?
高い美容効果のプロポリス。美容効果の中にはシミに対する効果もあるのでしょうか?プロポリスがシミにも有効なのか調べてみました!
「ステロイドを使うとシミになる」は嘘?
湿疹など皮膚の炎症を鎮めるために使うステロイド。使うとシミが出来てしまうという噂がありました。ステロイドを塗るとシミが出来てしまうのかの噂を検証します!
シミを予防できる食べ物は?
シミ対策のクリームや市販薬を良く見かけます。でも薬や化粧品に頼らずに食べ物で予防出来れば楽ですよね?シミを予防するにはどんな食べ物を摂れば良いのでしょうか?
シミの改善にもっとも有効なのは?
気が付いたら出来てしまったシミ。改善するには手間と時間がかかりそうです。出来るだけ効率良くシミを改善する方法とは何なのでしょうか?
肌からシミを追い出す「ターンオーバー」
シミを予防するにも改善させるにも重要なのが肌のターンオーバーです。ターンオーバーを促進させてシミの元を肌から追い出しましょう!
シミに効くと言う アルガンオイルとは?使い方は?
シミに効果的と言われるものを片っ端から調べていたら、アルガンオイルと言うのを見つけました。アルガンオイルとは?シミに本当に効く?使い方は?などを調べました。
ハイドロキノンでシミはどこまで薄くなる?
シミの治療で皮膚科に行くとハイドロキノンを処方されるそうですが市販品と比べると濃度が濃いようで少し不安。ハイドロキノンはどこまでシミが薄くなるの?濃度は関係ある?
シミにはトレチノイン×ハイドロキノンが最強だけど…
シミに効果抜群のトレチノインですが、近年は処方箋がなくても買えるようになりました。トレチノインとハイドロキノンがあればシミは消せますが注意点も沢山あります。
あのハトムギがシミにも効く?
美容効果が高いと言われるハトムギはニキビやアトピーの他にもシミに効果があるのか調べてみました。ハトムギはイボだけじゃなくシミにも効果があるそうです。
プラセンタでシミを消すなら注射やサプリの方が良い!?
更年期障害の治療に使われるプラセンタがシミにも効果的と発見され化粧品に使われていますが、プラセンタは塗るより注射などの方がシミに効くと言うのは本当でしょうか?
自律神経の乱れでシミができる!?
シミができることと自律神経は何か関係があるのでしょうか?シミを改善する為に色々な事が言われていますが、自律神経も関係あるようなので詳しく調べてみました。
シミ、くすみの改善…結局どうしたら良いの!?
シミやくすみを改善するには?スキンケア化粧品だけでも種類が多すぎて選びきれないしシミやくすみを改善する方法や食品も多すぎますので、注意点をご紹介します。