シミ(しみ) ステロイド

「ステロイドを使うとシミになる」は嘘?

 

軟膏の画像1

 

ステロイドは強さの程度の違いはありますが、敏感な乳幼児に処方されている薬品です。ただ、副作用でシミが出来るという説が出ています。

 

ステロイドにはシミになるという副作用はあるのでしょうか?この説について調べてみました!

 

ステロイドの効果

 

ステロイドは肌に塗るタイプと液体を霧状にして吸入するタイプとあり、それぞれアトピーや皮膚の炎症を抑えるため、気管支炎や喘息の症状を抑えるために医師から処方される薬品です。

 

ステロイドの特徴は、使用していれば症状は改善されますが、症状を引き起こす根源を断つことはないため、自然治癒か別の治療で症状の原因を根絶しない限りはステロイドの使用を止めれば症状が再開するという一時的なものです。

 

今すぐにでも鎮めたいという強い痒みを伴うアトピーや皮膚炎に対して、ステロイドは即効性があり効果も高いため有効です。

 

しかし、長期間ステロイドを使用するとアレルギー症状に対してリバウンドを起こして炎症や細菌感染を起こしやすくなるというリスクを伴っています。

 

それはステロイドに免疫を抑える作用があり、特にアトピーに於いては使用中に免疫力が低下し細菌感染して症状が使用前より悪化してしまう場合もありステロイドに依存することを危険視する風潮が広がっています。

 

ステロイドの副作用にシミはあるのか?

 

結論から言うと、ステロイドでシミはできません。

 

ステロイドの副作用に肌が白くなることがありますが、逆に色素沈着してシミになることはありません。では何故「ステロイドでシミが出来る」という話が出るのか。

 

それは副作用を恐れるあまり、皮膚炎に対してステロイドを使用したりしなかったりを繰り返すことで炎症を抑える期間が長引き、色素沈着してしまったケースをステロイドの副作用によるものであると誤認しているからと言われています。

 

シミは紫外線の刺激で出来ると思われがちですが、ようは何らかの形で色素沈着した状態をさしますので皮膚炎が悪化からでもシミになります。

 

皮膚炎から出来たシミは荒れた肌を正常にしなければさらに悪化し新陳代謝のターンオーバーで排出するのか困難な強固なシミになってしまいます。

 

ステロイドの副作用は充分に考慮されて処方されていますので、自己判断で使用の量や期間を変えてしまうと症状が長引いてしまう場合があります。

 

異変を感じたら勝手に使用をやめるのではなく医師に相談して対応を仰いで下さい。

 

ステロイドは逆にシミを消す?

 

ステロイドそのものにシミを作る副作用はなく、肌を白くする副作用があると触れました。

 

と、いうことはステロイドはシミを薄くするのか?と思われたかもしれません。

 

確かにステロイドには肌を白くしてしまう副作用がありますが、効力の強いタイプのステロイドを長期間使用しないとこの副作用は出てきません。それもとても低い可能性です。

 

シミを薄くするために強力なステロイドを使うと、その他の皮膚が薄くなってしまう副作用や、頬の欠陥が表面に透けて見えるようになってしまうなどシミどころではない危険がありますのでおすすめできません。

 

 

 

関連ページ

酒粕の美白効果はシミにも効く?
日本酒を作る過程で出来る酒粕には美白効果があると注目されています。シミにはどうでしょうか?酒粕の美白効果がシミにも有効なのか調べてみました!
椿油がシミを予防する?
美しい髪になるというシャンプーで有名な椿油にもシミを予防する効果があるってご存知ですか?椿油のシミを予防する効果を紹介します!
人気のシミ対策の市販薬にはどんな成分が使われているの?
シミ対策の市販薬は沢山あります。使われている成分に違いはあるのでしょうか。人気のシミ対策市販薬にはどんな成分が使われているのか調べてみました!
プロポリスがシミに効くって本当?
高い美容効果のプロポリス。美容効果の中にはシミに対する効果もあるのでしょうか?プロポリスがシミにも有効なのか調べてみました!
シミを予防できる食べ物は?
シミ対策のクリームや市販薬を良く見かけます。でも薬や化粧品に頼らずに食べ物で予防出来れば楽ですよね?シミを予防するにはどんな食べ物を摂れば良いのでしょうか?
シミの改善にもっとも有効なのは?
気が付いたら出来てしまったシミ。改善するには手間と時間がかかりそうです。出来るだけ効率良くシミを改善する方法とは何なのでしょうか?
肌からシミを追い出す「ターンオーバー」
シミを予防するにも改善させるにも重要なのが肌のターンオーバーです。ターンオーバーを促進させてシミの元を肌から追い出しましょう!