シミ(しみ) トレチノイン

シミにはトレチノイン×ハイドロキノンが最強だけど…

 

軟膏の画像3

 

シミを化粧でごまかしたり、化粧品で予防するものの、目立つ部分はやはりキレイにしたいと皮膚科やクリニックで高額な治療をする人は少なくありません。

 

今は男性でも肌を気にするぐらい。

 

ですがあまりお金をかけられないと言う人は医師の処方箋がなくても買えるトレイノチンやハイドロキノンを通販で購入するようです。

 

確かにトレイノチンとハイドロキノンはシミに最強の組み合わせですがデメリットも沢山あるので注意が必要です。

 

トレイノチンとは?

 

トレイノチンは、簡単に言うと「肌のターンオーバーを強引に促進させて、古い角質をどんどん落とす」と言うビタミンAの誘導体、塗り薬です。

 

通常のターンオーバーは約28日周期とか4週間と言われていますが、トレイノチンを使うと2週間ほどになり、古い角質がどんどん剥けて新しい肌が出てきます。

 

その為、元々は重度のニキビ治療に使われていたようですが、今はハイドロキノンと言う漂白剤の役割りをする薬とセットで、シミの治療にも使われています。

 

以前は医師の処方箋が必要だったそうですが、今は処方箋がなくてもamazonなどで購入することができ、自分でシミ治療をする方も多いです。

 

そう言った方のレビューブログなどを読めばわかりますが、本当に皮がペリペリと剥けていて、いかに強力な薬かが良くわかります。

 

通院せずに自分で使う場合はとても注意が必要と言えますが、ハイドロキノン×トレイノチンのコンビはやはり最強ですので、どうしてもシミを消したい!と言う人はチャレンジする価値があると思います。

 

トレチノインでシミを治療する価値はあるのか?

 

今回、トレイノチンの使い方や使用期間、値段や注意点などを調べていて分かったのは「手間が掛かってめんどうくさくて少し高額」と言うことでした(爆)。

 

劇薬と表現される事もある薬なので、使い方を間違えると肌にとんでもない副作用が起きてしまうし、薬が傷んでしまうので徹底した管理も必要です。

 

使い方も、朝と夜の2回を一週間、一日1回にして6週間、ハイドロキノンだけを更に6週間…日中は日焼け止めをしっかり塗って、ビタミンC誘導体で保湿して…など、スケジュール管理も必要です。

 

値段も、皮膚科で処方されるなら薬自体はそこまで高くないものの、診察料などはかかりますし、通販で買う場合はそれなりのものを選ぶと5,000円〜15,000円くらいはします。

 

また、妊娠中や授乳中は使えず、トレイノチンを使用している間は避妊が必要と言うのにも驚きました。

 

自分のような面倒くさがりにはデメリットの方が多く思えますが、それでもトレイノチンが売れるのは、やはり最強にシミが消えるからでしょう。

 

どうしてもシミを消したい!と言う人は、どうせお金が掛かるものと割り切って皮膚科に受診することをオススメします。

 

シミを消す為なら頑張れる!と言う人は

 

シミやそばかすに悩んでいて、トレチノインの治療にチャレンジしたい!と言う方は、皮膚科やクリニックに行って医師の指示を仰いで治療するのがベストですが、仕事が忙しかったり、近くに病院がなくて通院できなかったりする場合は、事前に良く調べてから購入して下さいね。

 

トレチノインの濃度は0.1%を基準に、赤みや痒みが強ければ濃度を薄くしたり、効果が感じられなければ濃くしたりと調整するそうですが、いきなり医師の指示なく4%などの高濃度は使わない方が無難そうです。

 

トレチノインを使うと、最初の1〜2週間は痛みや痒みが出るので、あまりにもひどい時はトラネキサム酸錠を飲むと楽になるそうですが、クリニックを受診する必要があります。

 

治療中、お風呂に入っていると皮がツルッと剥けることがありますが、無理やり剥いたりしないで優しくケアして下さい。

 

他にも注意事項は沢山ありますが、チャレンジする価値はあるほどシミがキレイになるそうです。

 

悩んでいる方は、良く調べて検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連ページ

酒粕の美白効果はシミにも効く?
日本酒を作る過程で出来る酒粕には美白効果があると注目されています。シミにはどうでしょうか?酒粕の美白効果がシミにも有効なのか調べてみました!
椿油がシミを予防する?
美しい髪になるというシャンプーで有名な椿油にもシミを予防する効果があるってご存知ですか?椿油のシミを予防する効果を紹介します!
人気のシミ対策の市販薬にはどんな成分が使われているの?
シミ対策の市販薬は沢山あります。使われている成分に違いはあるのでしょうか。人気のシミ対策市販薬にはどんな成分が使われているのか調べてみました!
プロポリスがシミに効くって本当?
高い美容効果のプロポリス。美容効果の中にはシミに対する効果もあるのでしょうか?プロポリスがシミにも有効なのか調べてみました!
「ステロイドを使うとシミになる」は嘘?
湿疹など皮膚の炎症を鎮めるために使うステロイド。使うとシミが出来てしまうという噂がありました。ステロイドを塗るとシミが出来てしまうのかの噂を検証します!
シミを予防できる食べ物は?
シミ対策のクリームや市販薬を良く見かけます。でも薬や化粧品に頼らずに食べ物で予防出来れば楽ですよね?シミを予防するにはどんな食べ物を摂れば良いのでしょうか?
シミの改善にもっとも有効なのは?
気が付いたら出来てしまったシミ。改善するには手間と時間がかかりそうです。出来るだけ効率良くシミを改善する方法とは何なのでしょうか?
肌からシミを追い出す「ターンオーバー」
シミを予防するにも改善させるにも重要なのが肌のターンオーバーです。ターンオーバーを促進させてシミの元を肌から追い出しましょう!
シミに効くと言う アルガンオイルとは?使い方は?
シミに効果的と言われるものを片っ端から調べていたら、アルガンオイルと言うのを見つけました。アルガンオイルとは?シミに本当に効く?使い方は?などを調べました。
ハイドロキノンでシミはどこまで薄くなる?
シミの治療で皮膚科に行くとハイドロキノンを処方されるそうですが市販品と比べると濃度が濃いようで少し不安。ハイドロキノンはどこまでシミが薄くなるの?濃度は関係ある?
あのハトムギがシミにも効く?
美容効果が高いと言われるハトムギはニキビやアトピーの他にもシミに効果があるのか調べてみました。ハトムギはイボだけじゃなくシミにも効果があるそうです。
プラセンタでシミを消すなら注射やサプリの方が良い!?
更年期障害の治療に使われるプラセンタがシミにも効果的と発見され化粧品に使われていますが、プラセンタは塗るより注射などの方がシミに効くと言うのは本当でしょうか?
自律神経の乱れでシミができる!?
シミができることと自律神経は何か関係があるのでしょうか?シミを改善する為に色々な事が言われていますが、自律神経も関係あるようなので詳しく調べてみました。
シミ、くすみの改善…結局どうしたら良いの!?
シミやくすみを改善するには?スキンケア化粧品だけでも種類が多すぎて選びきれないしシミやくすみを改善する方法や食品も多すぎますので、注意点をご紹介します。
シミに効果あり?実はスゴイ?L-システイン
L-システインとは良く聞きますが、具体的にはどのようなものでシミに効果はあるのでしょうか?L-システインの他にもシミに効果的と言われる成分も紹介しています。