シミ(しみ) 予防 食べ物

シミを予防できる食べ物は?

 

野菜とフルーツの画像

 

シミを予防するための化粧品や医薬品は薬局やドラッグストアで多く販売されています。できれば化粧品や薬などに頼らず日々の食事でシミを予防したいものです。

 

それにはどんな食べ物を摂ればよいのでしょうか?シミの予防になる食べ物について調べてみました!

 

シミの予防になる栄養素

 

シミを予防する食べ物を選ぶには、まずシミの予防に有効な栄養素を知らなくてはなりません。

 

シミの予防に必要な効果は2つあります。

 

  • メラニン色素の生成を抑制させる
  • 新陳代謝をあげる
  • 肌の保湿

 

シミはメラニン色素が肌の深層部で生成され、新陳代謝で肌の外へ排出することが出来ずに色素沈着して出来てしまいます。

 

肌が乾燥しているとダメージを受けてメラニン色素が生成されやすくなったり、炎症が起こり悪化しやすくなり、それがシミになることがあります。

 

それではシミの予防に効果がある成分は何なのでしょうか?

 

まずメラニンの生成を抑制する成分と含まれている食べ物

 

ビタミンC

キウイ、イチゴ、ほうれん草、小松菜、サツマイモ、ジャガイモ

 

βカロテン

緑黄色野菜全般

 

新陳代謝をあげる成分と含まれている食べ物

 

ビタミンE

キウイ、カボチャ、アボカド、大豆、アーモンド、ピーナッツ

 

レチノール

牛乳、卵、バター、強化マーガリン

 

肌を乾燥から守る成分と含まれている食べ物

 

コラーゲン

鶏の皮、豚骨、軟骨、ウナギ、サバ、すっぽん、アンコウ 

 

コエンザイムQ10

ウナギ、サバ、イワシ、豚肉、牛肉、ピーナッツ

 

どれも良く耳にする成分ですね。食べ物から摂り入れるイメージもわきやすいです。

 

ビタミンCやβカロテンはそれだけで充分に効果があるうえ、コラーゲンの働きを助ける効果もあるので是非一緒に摂るようにしましょう。

 

シミの予防に効果的な食べ物

 

シミを予防するそれぞれの効果をいくつか同時に摂れるおすすめの食べ物をまとめます。

 

キウイ

美容と健康に良い果物として名高いキウイにはビタミンCとEが同時に摂れます。メラニン色素の生成を抑え、新陳代謝をあげてメラニン色素を排出しやすい環境にします。

 

ピーナッツ

ビタミンEとコエンザイムQ 10が同時に摂れます。新陳代謝を上げる効果と肌の潤い効果が同時に期待できるのでおすすめですが、油分が強いので食べすぎると吹き出物の心配もありますから注意しましょう。

 

サバ

コラーゲンとコエンザイムQ10が同時に摂れます。やや淡泊なサバに潤い成分が多いとは意外かもしれません。サバの他にウナギも2つ同時にとれますが、普段の食事に摂り入れるにはウナギはちょっと高価な食べ物ですね。

 

緑黄色野菜

βカロテン、ビタミンC、Eが摂れます。色のある野菜は健康にも美容にもかかせません。

 

こうした食材を意識して、青魚を優先に食べる。肉料理の使時は付け合わせにサラダをつけるようにする、毎朝キウイを食べる習慣をつける、など献立をたててみるといいでしょう。

 

シミの予防に効果的な食べ物をバランス良く摂りながら美肌を目指しましょう!

 

 

 

関連ページ

酒粕の美白効果はシミにも効く?
日本酒を作る過程で出来る酒粕には美白効果があると注目されています。シミにはどうでしょうか?酒粕の美白効果がシミにも有効なのか調べてみました!
椿油がシミを予防する?
美しい髪になるというシャンプーで有名な椿油にもシミを予防する効果があるってご存知ですか?椿油のシミを予防する効果を紹介します!
人気のシミ対策の市販薬にはどんな成分が使われているの?
シミ対策の市販薬は沢山あります。使われている成分に違いはあるのでしょうか。人気のシミ対策市販薬にはどんな成分が使われているのか調べてみました!
プロポリスがシミに効くって本当?
高い美容効果のプロポリス。美容効果の中にはシミに対する効果もあるのでしょうか?プロポリスがシミにも有効なのか調べてみました!
「ステロイドを使うとシミになる」は嘘?
湿疹など皮膚の炎症を鎮めるために使うステロイド。使うとシミが出来てしまうという噂がありました。ステロイドを塗るとシミが出来てしまうのかの噂を検証します!
シミの改善にもっとも有効なのは?
気が付いたら出来てしまったシミ。改善するには手間と時間がかかりそうです。出来るだけ効率良くシミを改善する方法とは何なのでしょうか?
肌からシミを追い出す「ターンオーバー」
シミを予防するにも改善させるにも重要なのが肌のターンオーバーです。ターンオーバーを促進させてシミの元を肌から追い出しましょう!